女性の悩み相談窓口

(T)女性の体

女性のライフ・サイクル

@少女期:0〜8歳
性器に男女のちがいはあるが、まだ卵巣の活動がはじまっていないので、生殖機能はない

A思春期:9〜19歳
卵巣の活動がはじまり、12〜15歳ぐらいで初潮をみる。乳房がふくらみはじめ、陰毛も生えてくる

B成熟期(前期):20〜30歳
ホルモンの分泌が安定し、女性としての機能も充実する。妊娠・出産にもっとも適した時期

C成熟期(後期):31〜45歳
女性としての機能はピークを超える。成人病の発生率が高まるので、定期健診が必要

D更年期(前期):45〜55歳
卵巣の機能が衰えはじめ、月経の周期が乱れてやがて閉経する。更年期障害に悩まされる人も多い

E更年期(後期):55〜65歳
肌のはりやつやがなくなり、白髪が目立ちはじめる。体力が低下し、性欲も少なくなる。

F老年期:65歳以降
外性器、内性器ともに萎縮して小さくなる。体毛が薄くなり、骨はもろく折れやすくなる

女性の体を、四季にたとえれば、
少女期・思春期は春、成熟期は夏、更年期は秋、老年期は冬、にあたります。
四季それぞれの花がさくように、女性も時期に合った、いい花を咲かせてください。

女性の体の変化には、一定のサイクルがある

女性のからだは、少女期・思春期・成熟期・更年期・老年期に分かれます。

少女期は、男女の体の違いはあるが、精神的な違いはない。
思春期は、体と心の発育とともに大人へのステップの第一歩になる。
体に丸みが出てきて、女性らしいやさしいからだつきになる。
そして、将来赤ちゃんが産めるように、ホルモンの分泌活動が開始される。
成熟期は、結婚・出産と人生のなかでの最も重要な時期。
更年期・老年期は、出産可能年齢から解放されて、安泰になるも、体の機能は低下していく。
つまり、女性の体は、一生をホルモンの分泌に左右される。
女性としての機能を支えているホルモンのバランスをくずさないように、
その年代・時期の体のしくみと、自分の状態を知ることが重要。
自分の体の仕組みを、知っていれば、こころやからだの悩みに、うまく対応できる。

「少女期・思春期 0〜8歳 第1次性徴 8〜19歳 第2次性徴」

●性差

性器は男女ともはっきりと区別できるが、精神面では同じ。
男女とも思春期までは、性ホルモンの分泌量が少なく、ホルモンの働きは、ほとんどなし。
8歳ごろから、性ホルモンの分泌量が増えはじめ、少しずつ、女性は、女性らしく、男性は、男性らしくなってくる。
14、15歳ぐらいになると、女性の体は、ふっくらと丸みを帯びてくる、
男性の体は、筋肉がついてきて、ごつごつとしてくる。
このころから、精神面にも少しずつ変化があらわれる、活発な女の子が急におとなしくなり、
おとなしかった男の子が、たくましく変わってきて、お互いに意識しはじめる。

●体の変化

思春期にも、個人差がる、何歳ごろから思春期と断定することはできない。
女性は卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が活発になり、乳房がふくらんできて、乳首も大きくなってくる、
そして乳首に何かが強くあたったりしますと、痛みを感じるようになる。
性器にも変化がおこり、陰毛が生えはじめ、つづいて脇毛も生えてきて、体のの変化に、悩む少女も出てくる。
また身長が146〜150センチぐらいになるころ(12〜15歳ごろ)に初めての月経がはじまります(初潮)。
しかし、まだ性機能は完全とはいえず、毎月月経があるとは限りません。この時期を「第2次性徴」といいます。
またこの時期には、月経が合っても排卵はない場合が多いようです。
思春期になると、性器や乳房の発達が気になりはじめ、同じクラスの友達に月経があるのに自分にはまだない、
といったようなことで悩んだりする少女も出てきます。
また逆に乳房が異常に早くふくらんできたり、陰毛が早く生えてきたりする場合もあり、
かなりの個人差があるということがはっきりしています。
最近は、食生活の欧米化から初潮年齢もだんだん低くなってきましたが、少し遅いからといって心配することはありません。
ただ、16歳をすぎても初潮をみないという人もいますから、そういう人は早く医師に相談しましょう。
時期の早い、遅いにかかわらず、初潮は少女から女性に変わる顕著なあらわれですから、
それを境にして精神面にも大きな変化があらわれます。

●思春期の悩み

大2次性徴の8歳ごろでは、特に、大きな問題はありません。
しかし、思春期の中期(12〜14歳)頃になると、初潮をみたり、異性に関心をもちはじめたりして、悩むことが多くなります。
また性欲も目覚めはじめ、人によってはオナニーを覚える人も出てきます。
また、ものを恥らう心も強くなり、友人とのつき合いや、異性関係も複雑に考えるようになります。恋愛問題で悩む人も出てきます。
こういったことを両親や兄弟・姉妹に話ができるようなら心配ありませんが、この時期のほとんどの人は、悩みがあっても家の人には相談しにくいようです。
悩みのせいで勉強にも身が入らなくなっているのに、受験がかさなったり成績が下がったりして、
ますます悩みに拍車がかかり、心身とも疲れ果てるというようなことにもなりかねません。
それが原因で気持ちも不安定になり、ノイローゼや思春期特有のさまざまな心因性の病気にかかったりします。
また、乳房が大きく変化します。
少女期のころはまだふくらみはない→乳輪とそのまわりだけがすこしふくらむ→ふくらむ範囲がだんだん広くなってくる→乳輪がなだらかになる

●思春期の病気

さまざまな悩みを抱えた思春期には、その悩みが原因で、からだのほうも異常な状態になることがあります。
こころが原因の病気としては、次のようなものがあります。
神経性食欲不振症
拒食症=やせたいと思うあまり、食べることをよくないことと思い込み、食べ物を受けつけなくなって、やせ衰えていく病気です。

思春期のこころとからだの悩み
@家族に反発する。
A友人とのつきあいで悩む。
B恋愛問題で悩む
C容姿について悩む(肥満・にきび・胸がちいさいなど)
D受験や成績で悩む

過敏性大腸症候群
便秘と下痢をくりかえしておこし、そのため体力を消耗します。
原因は胃潰瘍や十二指腸潰瘍と同じようにストレスからくることが多いようです。

心臓神経症
左胸に突くような痛みがして、呼吸が激しくなり、心臓発作に近い状態になりますが、
心臓に異常があるわけではありません。悩みやストレスが原因で神経が過敏になっているのです。

過呼吸症候群
若い女性に多いといわれている心身症です。
速くて深い、激しい呼吸をくりかえすと、肺や動脈血中の二酸化炭素が過剰に排泄され、いろいろな症状がおこります。

このように、こころの悩みやストレスが原因となる病気にはいろいろなものがあります。

●思春期の月経異常

遅発性月経
12〜15歳ごろにはじまる月経が16歳をすぎてもこない場合をいいます。
遅くても、月経がはじまる場合なら、からだに異常はないでしょう。
原発性無月経
18歳をすぎても月経がこない場合です。
いろいろな原因が考えられますから、必ず専門家に相談しましょう。

早発月経
8歳以前に初潮が始まる場合。体質的に早熟が関係している場合もありますが、
ホルモンの分泌過剰、卵巣腫瘍(卵胞ホルモンをつくり出す腫瘍)、
副腎腫瘍(副腎にホルモンをつくり出す腫瘍)の場合もある。→注意が必要

成熟期 20〜45歳 女性の安定期

●女性として一番充実する時期

この時期に生殖機能が完成し安定するので、女性としてもっとも活躍できる時期となります。
結婚・妊娠・出産・育児など、一連の活動をこの時期にこなします。
なかでも、妊娠・出産という事業は女性のみに与えられた人生で最高の出来ごとです。
ただ、妊娠は病気ではありませんが、妊娠という状態の影に、いろいろな病気が潜んでいることもあります。
女性の人生の約25年以上にわたる成熟期間は、女性のからだは、4週間ごとのリズムで周期的に排卵月経を繰り返します。
卵巣の機能は、20〜25歳ぐらいがピークであとはしだいに衰えていきます。
ですから、出産の時期も、一番安心なのは、この時期です。(お勧めします)
しかし、現代では、社会に出て仕事についている女性が多いことから、
出産に適している20〜30歳で出産するより、30歳以上で初めての出産に挑む人が多いです。

妊娠
,
女性の卵巣から排卵があり、それが男性の精子との結合により妊娠するということは、誰でも知っている事実です。
ところが、実際に子供を産める時期というのは初期から閉経まえでの約30年間です。
つまり、毎月1回排卵という卵巣の機能が、おおよそ12歳ごろからはじまって、48〜52歳頃に、働きを停止します。
子宮では卵が受精卵となって落ち着けるように、子宮内膜を厚くして準備しています。
受精が成立した場合、受精卵が子宮内に付着して妊娠が成立しますが、
受精出来なかった場合は、準備していた、厚くなった子宮内膜は必要なくなり、はがれて体外に放出します。
これが月経(生理)です。

一人目の出産は、出来るだけ35歳までにすると、いろいろな意味で安心です。

成熟期の女性でも、ホルモンのアンバンランスに悩む人もいます。
そういう人は妊娠もしにくく、精神的にも不安定になりがちなので、東洋医学(漢方薬・鍼灸)で、ホルモンの働きを安定させるとよいです。
結婚後も、働く女性は、仕事と家庭を両立させていく必要があるために、肉体的にも精神的にも、かなり負担がかかります。
そういう意味でも、生活設計と人生設計を、あわせて、出産・育児も計画的に無理のないようにしたいです。
仕事をもっている人でも、子供がほしい場合には35歳ぐらいまでに出産するのが、母体にも赤ちゃんにもよいです。
42歳までは、自然妊娠、出産することはできますが、安産にするためには、調合漢方薬のご服用をお勧めします。

避妊
性生活、異性とのセックスにおいて、正しい知識が要求されるのが避妊です。
避妊とは、男性の精子と女性の卵子の結合を未然に防ぐことです。
男性側の避妊法には、コンドームの使用・膣外射精・不妊手術などで、
女性側には、ピル・IUD・ペッサリー・錠剤・ゼリーなどの使用や、基礎体温法・洗浄法・オギノ式/不妊手術などがあります。
なお、オギノ式NFP法・洗浄法・膣外射精は、避妊の成功率が低いので、ほかの方法といっしょに行う必要があります。
避妊は、男性と女性で協力して、正確に行う必要があります。
パートナーと、お互いに、お勉強して、正しい知識を確認するとよいです。

不妊症
結婚したら必ず妊娠すると思いこんでいる人もいますが、結婚後2年以上たっても妊娠しない場合は、不妊症を疑ってみる必要があります。
また不妊の原因は女性ばかりではなく、男性にもあります。必ず男性も検査を受けてください。

更年期 前期45〜55歳 後期55〜65歳 閉経を迎える時期

更年期というのは、一般的に、成熟期から老年期に移り変わる時期をいいいます。
女性が健康に生活していくためには、ホルモン系と自律神経系のふたつの調整機能がうまく働いていることが必要です。
ところが、更年期になると、卵巣の働きが衰えて、月経が止まり、生体機能は低下していきます。
それによって、個人差はありますが、多数の女性が自律神経系の失調をきたし、精神的、肉体的にも、いろいろな障害がおこります。
早い人では、30代後半から更年期症状を訴える人もいます。その反対に50歳を過ぎても卵巣の機能が衰えず、不快な症状も感じないという凄い人もいます。
更年期は、普通は45〜55歳ぐらいにあたるといわれますが、社会生活、遺伝体質、栄養状態によって、その症状はさまざまになります、
体の変調を強く感じる人と感じない人、また変調に適応してしまう人もいます、
が、適応できない人はさまざまな障害を、いつまでも感じていることになります。
また、更年期の期間も、半年ぐらいで終わる人や5〜6年かかる人もいます。
更年期障害の身体的な症状が、強く出る人は、一般的に、太っている人よりやせ型の人のほうが多いといわれています。
また、小柄で子供的体質の人は、卵巣の働きが弱いので、更年期障害を、あまり感じないようです。

更年期障害の症状

 更年期における肉体の変化で顕著にあらわれるのは、月経の停止です。
それも、いわゆる乱れがはじまってからは、2ヵ月もなかったり、10日目にきたりしてあわてることもあります。
そうして閉経したあと、精神的、肉体的なトラブルがおこります。このトラブルを、更年期障害といいます。

精神的な障害としては、月経が止まったことにショックを受け、体力の衰えや更年期の諸症状を気にかけすぎ、精神が不安定になることがあげられます。
また、その時期には、子供の進学や、早い人では、子供の結婚も重なり、家庭生活のストレスが多くなります。
また、性格的要因によって、親や夫に対して甘える気持ちの気持ちの強い人、情緒不安定な人、内向的な人は、障害を強く感じるようです。
社会で仕事を持っている女性は、仕事に対応する時間が多いため、専業主婦にくらべると更年期障害の症状は軽いようです。


更年期の性器の衰えによる病気

更年期になると卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)が少なくなり、性器も自然に萎縮してきます。
その結果、さまざまなトラブルがおきてきます。

@膣の粘膜が萎縮するため「膣炎」がおこりやすくなる、A外陰部のかゆみ、B白色の角化斑、C膀胱炎、D子宮脱、E性交痛、など、
これらは、不正出血や子宮ガン、子宮筋腫、膣部びらん、頸管ポリープなどのはっきりとした病気、疾患とは区別されます。

女性の一生と卵巣の寿命

女性の一生
@少女期-月経なし、A思春期-月経不順、B成熟期-月経は順調、C更年期-月経不順、D老年期-月経なし

●体の変化に適応する

精神的要因となる障害を緩和するためには、
自分だけが苦しいと思わないこと、
家庭生活のほかに娯楽や趣味をもつこと、
なんでも完全にやろうとしないこと、
など、気持ちを楽に持つことが重要


老年期65歳〜生体機能の老化

●老年期
老年期は、一般的に65〜70歳頃からです。老年期には、更年期を経て女性としての生殖機能は終わっています。
女性の一生はホルモンによって支配されているので、卵巣の働きが終わると急速に老化の道をたどります。
それにより、さまざまな病気が引き起こされます。 成熟期に10〜12グラムあった卵巣は、60歳になると約4グラムほどになり、
成熟期の約3分の1程度に縮まってしまいます。 当然性器も萎縮して、老人性の膣炎や、外陰掻痒症などの性器の病気もおこりやすくなります。
性器ばかりではなく、骨格、筋肉、その他内臓の機能も低下します。 特に骨の老化は早くから起こり、腰痛、肩こりなどの症状にも悩まされます。
背中が丸くなる老人性脊椎骨粗鬆症も、早ければ50代からはじまります。

●老化防止
現代は、髪は黒くも赤くも染められますから、手入れしだいで年よりはかなり若くいられるようになりました。
服装も、自由になって、若い人の着るような服を身につけることもできます。
ちょっとした気づかいで、同年代の人でも、老けて見える人もいれば、若く見える人もいます。
自分のことを老人と意識しすぎると、かえって生体機能の衰えを早める原因にもなります。
でも、あまり過信しすぎて、過度な運動をするのは問題です。 
老年期には、誰でも手足、耳、目などの機能は衰えているので、これをふまえて適度な運動をしましょう。

●若い人と積極的につき合う
趣味のサークルなどが盛んですから、そういう集まりに出ていって、若い人と付き合うのも老化防止の策です。
若い人と同じことをしようということではなく、言葉を聞き、若い人の行動を目にしているだけでも気持ちは、若返ります。
適度な運動、適度な刺激は、体の中の活力を呼び起こします。 ですから、体に支障がない限り、外へ出るのが若さを維持する秘訣です。

自分の性器のことを知る

人間の体は、精巧に組み立てられています。
特に女性は出産という大事業を成しえるための機能を持っています。
その機能を十分に活かすためには、性器の構造を知ることは重要です。

外性器(外から見える性器)

@恥丘と陰毛(性器の外観をつくる)
恥丘は、恥骨の上の脂肪を含んだやわらかい部分です。
そこに発毛する毛を陰毛といいます。
陰毛の形と量は様々です。 多い人も少ない人もいます。
陰毛の発育は副腎や卵巣から分泌される男性ホルモンに影響されます。
発毛の形は、ひし形に生えたり、逆三角形に生えるの普通で、男性ホルモンが多い場合は三角形に生えたりすることもあります。
また、陰毛の生えない人を無毛症といいますが、それ以外は、心配ありません。

Aクリトリス(陰核) とても敏感な性感帯の一つ
男性のペニスに相当する部分で、もっとも敏感な部分です。
性的刺激を受けると、中央の陰核海綿体に血液が流れ込み勃起します。
外陰部のなかでも快感を得られやすい部分です。

B大陰唇  性器を守る器官
膣口を保護している部分で、暗褐色で、外面には陰毛が生え、皮脂腺や汗腺がたくさんあります。
大陰唇は膣口や尿道を保護するため、第2次性徴の時期である思春期に急速に発育します。
恥丘から肛門までの部分を占めています。

C小陰唇  感度の高い性感帯
小陰唇は、左右の大陰唇の内側にあるひだで、やはり皮脂腺があります。
前方では左右の小陰唇が合わさってクリトリス(陰核)を包み、後方では尿道口や膣口を包み、
会陰部では、大陰唇と一緒になっています。
この部分に陰毛は生えませんが、皮脂腺と動脈が発達しており、性的な刺激を受けると充血します。

D外尿道口
 尿の出口となるところ
 クリトリスの下のほうにあって尿の出る楕円型の空間です。

大山漢方堂薬局ホームページご来房の皆様に、アドバイス
女性の体は複雑です。 特に、女性だけにしかない子宮や卵巣、乳房のしくみを、知っておくことは、困った時に役立ちます。
また、妊娠して赤ちゃんを産むための大切な臓器ですから、いつも清潔に保つことが重要です。

Eバルトリン腺
膣口の左右にある、大豆大の腺の集まり。
性的興奮によって乳白色の粘液を分泌して、膣口を、潤し、なめらかにします。
人によって形や色も、様々です。

F前庭
男性性器と同じしくみになります。
左右の小陰唇にかこまれた部分で、前方にクリトリス、後方に膣口がある。
膣口部の両側は海綿体になっていて、男性の尿道海綿体に相当。
また多数の静脈と神経があって、性的刺激を受けると充血して膨張します。

G膣口
赤ちゃんの誕生を迎える臓器です。 
外尿道口の下に膣口が開いていて、内面は多くのひだのあるやわらかい粘膜でおおわれています。
静止している状態では、扁平になっている。 その奥に処女膜があります。 処女膜はセックスによって損傷します。
処女膜は、自慰行為、オナニーでも破損をすることがあるので、初めてのSEXで出血するとは限りません。
また、膜におおわれて塞がっているわけではなく、月経のときに子宮から出る血液があふれ出るように、
輪状の穴が開いている。 穴のない処女膜は、逆に切開手術が必要になります。


内性器(体の中にある生殖器)

@膣(自浄作用がある)
膣の上部は子宮の頸部にあたり、下部は膣口の外陰部につながる、
管状の器官。 管の長さは成熟女性では約7〜8センチで、
分娩の得、赤ちゃんが通りやすいように進展性がある。
ふだんは月経のために使われている。
膣内には、デーデルライン桿菌という特殊な菌がたくさんいて、病原性細菌の侵入を防いでいる。
デーデルライン桿菌の働きは、SEXによって膣内が精液でアルカリ性になっても,
デーデルライン桿菌によって、膣内は、またもとの酸性にもどり、感染を防いでいる。
少数の病原体が膣内に存在しても、この菌によって発育が押さえられ、膣炎を防ぎます。
外からの細菌の感染を防ぐしくみを、膣の自浄作用という。

A卵管
卵管は、子宮の両側にあって、左右一対の長さ約10センチほどの細い粘膜性の器官。
卵管の中は、非常にせまく、2mm〜3mm、細いところでは1mmリ程度です。
卵子を卵巣から子宮へ運ぶ通路で、精子と結合する場所です。
ラッパ状に広がっているので、ラッパ管とも呼ばれている。
卵管に炎症をおこすと不妊の原因になる。
卵管は、月に1回できる卵子とSEXにより膣内に射精された精子とが出会うところであるが、
受精卵が卵管膨大部に着床してしまうことを、子宮外妊娠といい、早急に治療が必要になる。

B卵巣
卵巣は左右の卵管の下にあって、卵管に抱かれた形でつりさげられたようになっている。
卵巣は約数百万個の原始卵胞をもっていて、この卵胞のなかにひとつずつ卵子があり、
思春期になるころから発育して、成熟卵胞となる。
成熟した卵胞から、1ヵ月に1回(月経がはじまった日から14日目ごろ)、卵胞が破れて卵子が腹腔にでる。
これが排卵になります。 排卵の時期には、腰やお腹に痛みを感じる人、出血する人もいますが、病気ではありません。
この排卵の時期を知ることは、妊娠や避妊のための重要な知識になります。
普段から基礎体温をつけることも、その時期を知るために大切です。
排卵後の卵胞は黄体となり、月経のあとは萎縮して白体となる。
妊娠した場合は、黄体は妊娠3カ月末ごろまで活動をつづけ、その後はしだいに衰える。

C子宮
子宮は膀胱と直腸の間にあり、骨盤にしっかりと保護された、洋梨のような形をした器官です。
重さは約50グラムで、大きさはにわとりの卵ぐらいあります。妊娠すると徐々に大きくなり、大人の頭ぐらいになります。
最上部の最も広い部分は子宮底といって、幅は約5cm、厚さは約2.5cmです。
子宮の壁は厚い筋肉の層からできていて、赤ちゃんを分娩するのに適した形体をしています。
子宮体部は、子宮の上部を占める大きな部分で、内部はせまい空洞になっています。
子宮体部の内側は筋肉の層が厚く、妊娠すると筋腺維は増殖・伸展します。
さらに赤ちゃんが発育するにつれて、大きくなります。
お産のときの陣痛は、赤ちゃんを押し出すために、この子宮体部の筋肉が収縮することによるものです。
子宮体部の下の部分を子宮頸部といい、さらにその下には子宮膣部があり、
子宮膣部の先端は、膣内に突き出しています。
その下の中央の膣腔に向かって開口している部分を外子宮口といいます。
子宮腔は逆三角形で、上部では両側とも、卵管腔に向かって突き出ています。
子宮は、内膜・筋層・漿膜から成っています。


乳房(バスト)

@乳房の経時変化
乳房は、幼年期から少女期にかけては男子と変わりませんが、少女期の終わりごろになると、
卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)のはたらきによって乳管が発育して、盛んに枝別れし、
続いて初潮がくるころに、エストロゲンだけでなく黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用も加わり、
思春期のころにはふっくらとしてきて、乳管だけでなく乳腺も発達してきます。
さらに成熟期になると、これに厚い脂肪の層がかぶさって乳房は大きくなります。
妊娠すると、エストロゲン・ブロゲステロンなどが大量に作用して、
出産すると乳房から乳汁の分泌が始まります。

A乳房の構造
乳房の中心には丸い茶褐色の乳首がある。
乳首は、授乳時に乳汁が分泌されるように、細い管が15〜20個ぐらい開口している。
乳汁を出す管は乳首のすぐ下で乳管洞をつくっている。
それから細い枝に別れ、乳汁をつくり、分泌する腺腔につながる。
この管と腺を合わせて乳腺と呼んでいる。

B乳房が大きくても、小さくても、働きは同じ
女性にも、男性にも、乳房の大きさは、特に問題にされがちですが、
乳房が大きくても、小さくても、ホルモンの働きは正常に機能する。
逆に大きい乳房を持っていても、乳の出の悪い人もいる。 
ですから、美容的な意味だけで、乳房を整形するのは、思わぬトラブルを生む原因になりかねない。
日本人は、欧米人に比べて乳房の小さい人が多いようですが、性器が普通に発達し、月経周期も順調であれば、
体の中のホルモンは正常に働いていると考えてよい。

C副乳
出産が終わって正常に乳房がはってきて、授乳の時期になると、腋の下にしこりができることがある。
これを、リンパ腺の腫脹と間違えることがありますが、これが副乳といわれるものです。
妊娠や出産以外のときは小さいので意識することはありませんが、出産後に晴れてくることがある。
もちろんたいした問題はなく2〜3日冷やせばすぐ元に戻ります。

女子の機能に重要なホルモンの働き
女性の体は、一生を通してホルモンに左右される。
そのホルモンの作用を知ることは賢明なことです。

脳下垂体から分泌されるホルモン

●ホルモンに左右される女性の一生
女性の一生は、ホルモンによって支配されているといってもいいほど、ホルモンの作用に強く影響されます。
体のなかには、多くの内分泌腺があります。ここから分泌されるホルモンは血液のなかに入り、
新陳代謝のバランスを調節することによって、発育や生殖機能に大きな影響をもたらしています。
分泌されるホルモンは微量ですが、多かったり少なかったりすると、からだに異常がおこります。

からだはホルモンに支配されている
黄体形成ホルモン 卵胞刺激ホルモン (性腺刺激ホルモン) 子宮
副腎皮質刺激ホルモン 腎臓
甲状腺刺激ホルモン 甲状腺
乳汁分泌促進ホルモン
抗利尿ホルモン 腎臓
子宮収縮ホルモン 子宮
成長ホルモン 全身へ
メラニン細胞刺激ホルモン 全身へ

視床下部と脳下垂体のしくみ

大山漢方堂薬局ホームページご来房の皆様に、アドバイス

脳下垂体はからだのなかのホルモンをコントロールするところです。
分泌されるホルモンの量は、多くても少なくてもからだに異常をおこしてしまいます。
そこで、ホルモンのコントロールタワーが活躍しているのです。
そして、女性のからだを支配しているのですから、ホルモンのバランスのチェックは欠かさないことです。

●ホルモンをコントロールする
脳下垂体は脳の中心部にあり、トルコ鞍という骨のくぼみに突出している、0.5グラムほどの小さい分泌腺です。
そして、前葉・中葉・後葉の3つに分かれていて、たくさんタンパク性のホルモンを分泌しています。
とくに前葉からは、末梢内分泌腺におけるホルモンの産出、およびその放出を刺激するホルモンが分泌されています。
こうした意味から、脳下垂体はかつては末梢内分泌腺を動かすモーターだといわれていました。
しかし、最近の研究によって、脳下垂体の機能が、さらに上位の脳、とくに間脳の一部である、
視床下部によって支配され、調節されていることがわかってきました。

●脳下垂体前葉からこんなホルモン
性腺刺激ホルモン
分泌される性腺刺激ホルモンには、卵胞刺激ホルモン(FSH)と、黄体形成ホルモン(LH)があります。
卵胞刺激ホルモンは思春期ごろから活発に分泌されはじめ、卵巣に作用して、原始卵胞を成熟させます。
黄体形成ホルモンは成熟卵胞に作用して、排卵を誘発します。このホルモンの分泌が足りないと、排卵はうまくおこらないのです。
ということは、排卵時には、この卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンのふたつが盛んに分泌され、相互作用によって排卵が行われることになるのです。

甲状腺刺激ホルモン(TSH)
甲状腺に作用して甲状腺ホルモンの生成・分泌とその機能を促進させる役割を果たします。
甲状腺は、からだのなかのエネルギー代謝を調節する器官ですが、あまりこの機能が高まりすぎるとバセドウ病と呼ばれていて、
眼球が飛び出たりイライラと落ち着かなくなったり、月経異常になったり、そうしたことで体力を消耗して体重が減少したりします。
甲状腺は人間のからだのなかのヨードを利用して、甲状腺ホルモンをつくります。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)
副腎皮質に作用してその機能を促進させます。副腎皮質からは人間のからだの電解質を調節するホルモンや
糖質ホルモンのほかに、男性ホルモンが分泌されます。
副腎皮質刺激ホルモンが異常に分泌されて、副腎皮質が刺激を受けると、クッシング症候群と呼ばれる病気が心配されます。
クッシング症候群にかかると、肥満、高血圧、ムーンフェイスという症状が出ます。
また副腎皮質の男性ホルモンが過剰に産出されますと、副腎性器症候群があらわれます。
この病気にかかると女性性器のクリトリスが肥大したり、体毛が増えたりします。
最も重症な場合は、半陰陽になったりすることがあります。

成長ホルモン(GH)
甲状腺ホルモンと相互作用をして、発育や成長を促進させます。
したがってこのホルモンが不足しますと、小体症と呼ばれている病気がおこります。
小体症という病気は、生まれたときの身長・体重はふつうですが、2〜4歳ごろから発育が遅れはじめるようになります。
ただ、知能は正常で、からだ全体のバランスはとれています。
現在ではこの成長ホルモンを人工的に合成して、小体症の治療などに使われはじめています。

乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)
乳腺を刺激して乳汁の分泌をうながすホルモンです。
妊娠初期から分泌しはじめるこのホルモンは、出産直後には分泌量が最高に達します。
しかし、あまり過剰にプロラクチンが分泌されますと、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンのはたらきを邪魔して、
無排卵、無月経などの月経異常をおこします。
赤ちゃんにおっぱいを飲ませている間に月経がおこらないのはこのホルモンの作用のためです。

脳下垂体中葉からのホルモン
メラニン細胞刺激ホルモン(MSH)
両棲類や爬虫類のメラニン細胞に作用して皮膚の色などを変化されるこのホルモンが、人間に与えるはたらきはまだ不明です。
ただ、このホルモンが作用することによって、皮膚の色素沈着が増強されます。
妊娠すると、乳頭や小陰唇が黒ずんでくるのは、このホルモンの作用のせいといわれています。

脳下垂体後葉からのホルモン
抗利尿ホルモン(ADH)
腎臓の尿細管で水分再吸収の調節を作用するホルモンで、血圧の上昇も調節します。
とくに抗利尿作用をもっているところから、抗利尿ホルモンと名付けられています。
このホルモンが不足すると尿崩症と呼ばれる症状をおこし、のどが異常に渇いて、多量に水を飲むことになり、
その結果頻尿・多尿をきたすことになります。また、小児科では、夜尿症となる傾向があります。

子宮収縮ホルモン(オキシトシン)
子宮筋に作用して子宮を収縮させる作用をもっています。
出産のときには、オキシトシンの作用によって陣痛がおこりますので、分娩の際には必要なホルモンです。
そういう作用を応用して、人工的に陣痛をおこさせるときに、オキシトシンを注射したりします。
また、乳腺にも作用して、入管を収縮させ乳汁の分泌を補助するはたらきもあります。
授乳中に子宮が収縮する痛みを感じるのはこの作用のためです。

卵巣から分泌されるホルモン
卵巣にはふたつの重要なはたらきがあります。
一般的に女性ホルモンと呼ばれる卵胞ホルモン(エストロゲン)ならびに黄体ホルモン(プロゲステロン)の産出と分泌です。

卵胞ホルモン(エストロゲン)
卵胞ホルモンは女性の第二次性徴をおこすホルモンです。
このホルモンの作用により、思春期になると女性は乳房がふくらみをもってきたり、性器に変化がおこったり、陰毛や脇毛が生えたりします。
また子宮にもさようして、子宮の筋肉を発育させ、頸管の分泌液を増やしたりします。
こうして受精の準備を整えています。
少し前には、思春期に皮下脂肪が増えてからだに丸みがでて」くるのは、卵胞ホルモンのためだといわれていましたが、
卵胞を摘出した女性や、閉経後にも皮下脂肪がついていることもあり、卵胞ホルモンの作用とからだの丸みは直接関係ないとされています。
女性は男性にくらべて狭心症や動脈硬化の人が少ないのですが、これは卵胞ホルモンの影響ではないかといわれています。
したがって、閉経後のは動脈硬化による病気も増えてきます。
卵胞ホルモンは、1回の月経でおよそ5ミリグラムが産出され、血液のなかを循環してから、肝臓内で不活性化して、胆汁や尿とともに排出されます。

黄体ホルモン(プロゲステトン)
卵巣から卵子が排出されたあとに分泌されるホルモンで主に子宮で活動し、受精したあと子宮内膜にうまく着床される働きをもっています。
黄体ホルモンは体温をあげる作用をもっており、それによって排卵の時期を知ることができます。
そのほか黄体ホルモンは、たんぱく質の合成を促進させたり、平滑筋の収縮を抑えたりする役割もします。
ただし、妊娠がおこらなかった場合は黄体14〜16日で機能を失い、黄体ホルモンを分泌しなくなります。
そのあと、妊娠のために用意されていた子宮内膜は不用になり、はがれて子宮から外に流れ出ます。これが月経です。

月経の知識

月経があるのは、女性が赤ちゃんを産むための準備をしている証拠です。
初潮を迎えてから閉経までの長い時間をともにすごしていくのですから、正しい知識で対応していきたいものです。

月経のしくみ
最近では、小学校でもはっきりと月経の話をしますから、いざはじまったというときにそれほどのショックは受けないにしても、
やはり少女にとっては恥ずかしいことにはちがいありません。
しかし、月経がはじまったのは少女から女性のからだになったという証拠で、赤ちゃんを産めるという証明なのです。
月経というのは、月に1回、個人差はありますが、だいたい3〜7日ぐらいの間、子宮から出血があることです。
ここでは、月経がどうしておこるのか、そのしくみについて説明します。

卵胞期
女性は赤ちゃんのときから、左右の卵巣のなかに数百万個もの原始卵胞をもっています。
この原始卵胞は思春期になると、脳下垂体から分泌された卵胞刺激ホルモンの作用で成熟卵胞への発育します。
そして成熟卵胞は卵胞ホルモンを分泌しはじめ、血液のなかに入って全身に運ばれます。
子宮へ運ばれた卵胞ホルモンは、受精のための子宮内膜をふやし、受精卵が着床しやすい用意するようになります。
卵胞ホルモンは約2週間分泌されます。

排卵期
 卵胞ホルモンが増えはじめてからおよそ2週間たつと、今度は脳のコントロールによって、それ以上増えないように脳下垂体の卵胞刺激ホルモンが低下しはじめます。これによって、原始卵胞のうちの数個だけが成熟します。一回の月経周期で1個ずつしか排卵しないようにさせるための、上手な方法です。
 卵胞刺激ホルモンが低下しはじめると、次は黄体形成ホルモンが多量に放出され、このホルモンの作用で、卵胞のなかから卵子が1個だけ腹腔内へ出てきます。これが排卵です。
黄体期
 排卵したあとの卵胞は、黄体に変化して黄体ホルモンを分泌しはじめます。黄体ホルモンは、すでにできかかっている子宮内のベットを、受精卵が着床しやすいように準備するのです。
月経
 準備を整えていても受精しなかった場合、黄体の機能は衰えて、2週間で黄体ホルモンの分泌量は低下します。
 このように、黄体ホルモンが低下すると、再び脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌され、その作用で卵胞のなかの卵胞が成熟しはじめます。そして受精が成立しないと、はがれて排出するというプロセスをくりかえします。

大山漢方堂薬局ホームページご来房の皆様に、アドバイス
 人間が子孫を残すためには、月経がはじまり、そして男女の交わりが必要です。月経は成人した証拠ですから、恐れることはなく、むしろ女性の美しさややさしさのあらわれと考えます。
 ホルモンの分泌によるからだのメカニズムを自然に受け止めてください。そして、毎日のからだの変化がわかると、異常の早期発見につながります。

●初潮はいつごろはじまるの?
 月経の開始は、年齢に関係なく、身長が146〜150センチに達したころにはじまることが多いようです。しかし、近年は月経のはじまる時期も早まっているようです。
 日本女性が初潮をみるのは、平均年齢で12歳ぐらいですが、初潮が早くなる傾向は日本だけでなく、世界的なもののようです。

●やさしい月経周期の基本
 月経がはじまった日を1日目として、その次の月経がはじまる日までを月経周期といいます。ふつうの人は25〜35日ぐらいが正常の範囲で、25日以内の周期、または35日以上の周期があく場合は異常と考えていいでしょう。しかし、人によっては不順な人もいますからそう神経質になる必要もないでしょう。
 月経周期とは月経がはじまった日が月経周期の第1日目で、次の月経は、またはじまった日から計算するのが常識です。
 しかし、数字どおりに安定しないのはとくに異常とはいえません。初潮後の月経は数ヶ月ないようなこともあります。初潮から半年たってから次の月経がおこるようなこともめずらしくありません。いずれにしても、初潮後2〜3年は不規則な周期であっても心配ないということです。

●出血量と日数にも個人差がある
 周期と同じように、出血量も個人差があります。1回の出血量は、50〜150ミリリットルです。コップ1杯の半分ほどの出血量といわれています。初潮後2〜3年は、少量で終わってしまうときがあっても異常ではありません。
 月経量は、暗赤色で粘り気のあるもので、酵素の作用で溶解され、凝固しない性質になっています。
 しかし、出血量が多くなると酵素の溶解がにぶくなるので、たまにはレバー状のかたまりがおりることがありますが、とくに心配はいりません。ただし、その状態があまり長くつづくのはせいじょうではないので医師に相談してください。
 月経の日数にもかなり個人差があります。初潮後は不安定ですが、成熟期になりますと、平均4〜7日ぐらいです。平均より長くても短くても、異常な場合もありますので、医師に相談したほうがいいでしょう。
 また出産した女性は、未産婦より出血量が多く、出産する前に順調だった月経周期もぴったりくるようになる人もいます。そして、成熟期もすぎて40歳の後半になると、出血の量もだんだん減ってきます。

●月経のときのいろいろな症状
 月経のときにはさまざまな身体症状を訴える人がたくさんいます。
 それは、下腹部の充血のせいで腹痛があったり、腰痛がしたりするからです。そのほかイライラして怒りっぽくなったりする人もいます。また逆に集中力がなくなり、ぼーっとする人もいます。
 また、月経ごとに異常な腹痛にみまわれて、薬をのまなくてはいられないとか、激しい場合には起きていられないという人もいますが、そういう場合は医師に相談して治療を受けるといいでしょう。
 それも月経が終わると治ってしまいますから、病気と考えることはなく、神経質になることはありません。

●月経のときはこうすごす
 月経そのものは病気ではありませんので、とくに普段の生活様式を変えることはありません。シャワーなども浴びて、できるだけ清潔にすごすようにこころがけます。昔は髪を洗ってはいけないなどという人もいましたが、むしろ洗髪も積極的にして気分をさわやかにすごしましょう。
 スポーツもとくに過激なものではなければ、適度な運動はかえって腹痛を緩和することになりますから、さしつかえありません。
 月経中のセックスは避けたほうが安全です。月経時の子宮の内膜は傷つきやすくなっていて、雑菌にも弱くなっているので、膣炎などをおこしやすいためです。月経中のセックスは快感度が高いという人もいますが、愛撫などを工夫することによってリラックスすることができるはずです。

●月経の万全な手当て
 現在よく使われているものに、ナプキンとタンポンがあります。生理用のショーツもいろいろなタイプのものが市販されています。
 ナプキンとタンポンの2種類の使い方は、そのときどきによってですが、ふつうはナプキンを使うほうが清潔度が保てるといえます。
 もちろん長い時間使用したままというのは感心しません。少なくとも1〜2時間に1度は交換してください。
 初めて使う人には、アプリケーター式のミニサイズが使いやすいでしょう。
 旅行やスポーツをするときにはひじょうに便利ですが、激しい運動によって糸が切れたりして、ぬけなくなったりすることもありますから気をつけましょう。
 タンポンを使うときも、できるだけ頻繁に交換するようにしないと、糸から雑菌が膣内に入って膣炎をおこしますから注意してください。

 月経の手当て〜ナプキンを使う

ナプキンと裏についたズレ防止テープで生理用ショーツに止める

経血がもれないよう内側が防水加工された生理用ショーツ

こんなことに注意 
 ナプキンはこまめにかえよう
 水洗トイレには流せないので必ず汚物入れに捨てよう
ほかにもこんなタイプがある
厚型…経血の多いときや長時間ナプキンをとりかえられないときに

薄型…経血の少ないときや始まりそうなときに

月経の手当て〜タンポンを使う
両足を肩幅ぐらいに開いてすこしひざをまげ、上半身をまえに倒す。片手で膣を広げ、もう一方の手でタンポンを挿入する

フィンガー式の挿入のしかた
ひもをのばし、フィンガーベールをつけた人差し指の先をくぼみにあてる
奥までおしこむ

スティック式の挿入のしかた
ひもを取り出して、くぼみにスティックを差し込む

アプリケーター式の挿入のしかた
外筒のはしをもって挿入し、内筒を人差し指で押す

●月経周期をずらすには?
 運悪く月経のときに旅行の予定が入ったり、結婚式にぶつかったりした場合は、ホルモン剤を使って時期を変更することができます。
 予定がわかっていたら、遅くとも1ヵ月前までに医師に相談して薬をもらいましょう。

月経を遅らせたい
 月経を遅らせるには、卵胞ホルモンや黄体ホルモンを外から与えることによって時期をずらすことができます。
 具体的には、月経の4,5日前から、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの混合剤(新EP錠など)を、月経がきてもいい時期まで服用します。この方法で10〜14日は月経を遅らせることができます。

月経を早めたい
 月経がおわったらすぐに、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの混合剤を2週間ほど続けて服用します。そうして排卵を抑えて、その後服用を中止してから2、3日たつと、無排卵性月経がおこります。
 どちらの場合もホルモン剤を使用するときは、必ず医師に相談してください。とくに、肝臓や心臓のわるい人、腎臓病の人、ホルモンに異常のある人はこうした薬を使用するのは危険ですから、注意してください。

月経を遅らせる方法
ホルモン剤を14日〜18日ぐらい服用する長くて10〜14日ぐらい月経を遅らせることができる。ホルモン剤の服用を中止してから2〜3日後に、人工月経が起こることを考えて服用期間を決める。

月経を早める方法
月経が終わった直後から2週間ホルモン剤を服用し、2〜3日後に人工月経が起こる。正常な周期の人で約1週間ほど早めることが出来る。

基礎体温のベーシックな知識
●基礎体温で体調の変化を知る
 女性のからだは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの変動によって体温が変化しますから、その体温の変化でからだの変化をつかむことができます。
 ほとんどの場合、基礎体温の計測は排卵日を知り、避妊のためのものに使われていますが、不妊症の人が妊娠したいときの目安にしたり、無月経の人が治療を受けたりするときの役にも立ちます。
 初潮がはじまったときから、基礎体温を測る週間をつけておきますと、将来役に立つこともありますから、計画的につけるようにしてください。
 また、計った体温は、毎日体温表に記入しましょう。そのとき一緒にかぜを引いて飲んだ薬とかセックスの日などのことを記入しておくと便利です。

●こうして計るのがベスト
 基礎体温は、朝、目を覚ましたときにすぐ計るのがもっともいい計り方です。あらかじめ、夜寝る前に枕元に婦人体温計をおいてください。
 そして、目覚めたら、すぐに口のなかの舌の下側に体温計をはさみます。そのあと5分間口を閉じてじっとしていてください。

基礎体温は正しく計ろう
朝、目が覚めたらすぐ、ふとんのなかにいるうちにはかる
体温計は寝る前にメモリを下げて、枕元に置いておく。


基礎体温の一定の流れを知る
 体温が低いときを低温期(卵胞期)と呼びます。その時期は、卵巣から卵胞ホルモンが盛んに分泌されている時期で、およそ14日間つづきます。
 また、その時期に陥落期といって、排卵を示す時期でもっとも妊娠しやすい日がありますが、陥落日がはっきりしないで、高温期に移動する人もいます。
 そして排卵がおこり、黄体ホルモンが分泌されはじめますと、体温はどんどん上昇して高温期に入ります。それを黄体期とも呼んでいます。高温期は黄体ホルモンのはたらきによるものなのです。
 低温期と高温期の差は約0.3度以上ですから、高温期には微熱があるのだろうか、と感じる人もいます。
 高温期は約2週間つづきますが、黄体ホルモンの分泌が低下すると体温は自然に下がり、再び体温期に入り、月経がはじまります。

しつもん
 最近、腰が痛くなることがときどきあります。どんなことに気をつけておけばよいのですか?

腰痛には、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、腰部変形脊椎症、脊椎分離症、坐骨神経痛などと、たくさんの原因が考えられます。また、消化器や子宮などに病気がある場合も腰痛をおこすことがありますから、自己診断はせず、どこがどのように痛むのか、専門医に相談してみることです。
 腰痛を予防するのには、まず姿勢をよくすることが第一です。そして、長い時間同じ姿勢を続けないことです。家事に時間をとられる主婦としては、流し台などは身長に合わせて、無理のない姿勢で仕事ができるようにします。
 寝具は、ふかふかのやわらかい布団は腰椎に負担がかかってよくないので、かためのものにかえましょう。また、ハイヒールや窮屈な靴も腰痛の原因になります。
 腰痛がはじまったら、一応安静にして、腰を休ませることが必要です。炎症があると認められた場合は、冷シップなどが便利です。
 慢性の腰痛には、入浴なども効果がありますが、その場合ぬるめの温度が適切です。腰痛をやわらげる体操を図のとおり行うのもよいでしょう。


しみ・そばかす・便秘 気になる悩みにこたえます

しつもん
夏に日焼けしたら、顔とうでにしみやそばかすができてしまいました。なおす方法をおしえてください。
 ビタミンCをたっぶりとることです。ただし、顔に直接レモンをのせたりするのは、かえって肌を傷めることになりますからやめましょう。
 また、たんぱく質は皮膚の新陳代謝に必要な栄養素ですから、良質のたんぱく質も、しっかりとりたいものです。
 皮膚にあるメラニンという色素は、紫外線や外傷、摩擦などの刺激をうけると過剰に生成されます。これが、しみ、そばかすになります。初夏から秋にかけては紫外線が強まりますから、スポーツやレジャーで外に出るときは、必ず日焼け止めクリームをつけてください。秋になると日差しは弱まるので、つい油断しがちですが、紫外線は弱まっていませんから、気をつけてください。

しつもん
3日以上も便通がなくて、おなかははってしまうことがよくあります。便秘の解消法を教えてください。
 重要なポイントはふたつあります。まずひとつは、繊維質を多く含む食品を、毎日とるということ。
 ふたつめは、規則正しい生活をするということです。眠る時間、活動する時間のリズムを狂わせないことです。また、朝食は腸が1日の活動を始める合図にもなります。朝食はしっかりととりましょう。
 女性には便秘が多く、悩んでいる人も多いことと思いますが、わずかながらでも便通があって、そのほかに頭痛やめまいなどの不快感がなければ、そう心配することはありません。便通は1日に1回必ずなければいけないというものではなく、逆にそう思うことがストレスにつながり、便秘の原因にもなります。
 そして、便通がわるいのは、ふきでものや肌荒れの原因にもなりますから、ゆううつです。ふたつのポイントをしっかり守って、悩みをすっきり解消してください。

生活のリズムを整えよう!



ステップ2
かかりやすい気になる病気のチェック法

月経のいろいろな異常
初潮のときの異常

 早発月経
初潮が8歳以前にはじまる
 初潮が8歳以前にはじまる場合を早発月経といい、視床下部や脳下垂体に炎症・腫瘍があるために、ホルモンが過剰分泌されることが原因です。また、母親が授乳中にホルモン剤を飲んだためにおこることもあります。

 遅発月経
初潮が16歳をすぎてもこない
 初潮の平均年齢は、12〜13歳といわれていますが、16歳をすぎても初潮がなかったり、第2次性徴によるからだの変化がみられない場合をいいます。
 原因と思われるものには、卵胞ホルモンの分泌異常や子宮や卵巣の発育が十分でなかったということがかんがえられます。婦人科へ行って、医師に相談しましょう。

月経がない
 原発性無月経18歳すぎても月経がない
 ふつうなら12歳〜15歳ごろにくるはずの月経が、18歳すぎてもおこらないことをいいます。
 視床下部から脳下垂体へ、そして卵巣・子宮へと、ホルモンがはたらきかけることによって月経がおこります。この流れのなかに異常があると、初潮がなかったり、月経が止まったりしてしまうのです。その異常のなかでも先天性のものがあります。
 月経というのは、女性にとってとても大切なものです。原発性無月経の疑いがあったら、早めに医師にみてもらいましょう。

 月に1回くる月経、この月経が順調にいかないと、女性のからだは調子がわるくなります。月経についてのさまざまな異常を知っておけば、不調になったときの不安が早く解決されます。


下垂体性無月経
 脳下垂体に腫瘍ができたいたり、機能が低下していることが原因です。
 卵巣が正常であれば、卵胞刺激ホルモンを与えることにより、月経がおこります。

視床下部性原発性無月経
 月経をおこさせる視床下部に異常があることにより無月経になります。心因性無月経と同じような要素が原因でおこります。

卵巣性無月経
 卵巣形成不全や先天的・後天的な卵巣機能の低下により、卵巣からホルモンが分泌されないので、月経がおこらないのです。

子宮性無月経
 生まれつき子宮がなかったり、発育が十分でなかったということが原因です。また、性器形成不全や性器の奇形により無月経になります。

仮性無月経
 ホルモン分泌に異常はなく、月経はおこっているのですが、子宮頚管や膣、処女膜の閉鎖が原因でうまく流出せずに、月経血が貯まっていることです。

そのほかの原発性無月経
 染色体異常によっておこるターナー症候群や、副腎皮質からの男性ホルモンの過剰な分泌のための男性化による、無月経があります。

大山漢方堂薬局ホームページご来房の皆様に、アドバイス
 月経は病気ではなく、健康な女性なら誰にでもおこる生理状態です。しかし、それにも個人差があり、月経にともなう症状にも軽いものから心配のあるものまでさまざまですから、自分自身のからだのチェックをしておくようにしましょう。年齢によっても月経は変化していくものですから、常に対応できるように心がけが必要です。

続発性無月経
突然、月経がなくなった!
 それまであった月経が、ある時期からなくなってしまったことをいいます。
 ホルモンを分泌させる機能に異常がある場合もありますが、原発性無月経とくらべて、月経が以前におこっていたものですから、先天的なからだの異常はないといえます。
 3カ月以上月経がおこらない場合は、基礎体温を計ってから、医師にみてもらいましょう。

心因性無月経
 環境の変化や精神的なストレスにより、視床下部や脳下垂体に異常が発生して、ホルモン分泌がくずれてしまい、無月経になります。

神経性食欲不振症による無月経
 やせたいという願望で、食物を受けつけなくなってしまい、体重が減って視床下部のはたらきがストップしてしまいます。

シーハン症候群による無月経
 分娩のときなどの大出血で脳下垂体へ血液がおくられなくなり、脳下垂体の機能が低下して無月経がおこります。

そのほかの続発性無月経
 脳下垂体に腫瘍ができていたり、機能が低下していたりするとおこります。
 またホルモン剤やピルを服用していると、無月経になりやすいのです。人工中絶をくりかえしていくうちに、子宮内膜が卵巣からのホルモンに反応しなくなることも無月経の原因です。

月経周期の異常
 頻発月経
月経の周期が短すぎる!
 月経周期が24日以内で、人によっては、1ヵ月に2回あることもあります。
 これは卵胞期が短くなって、排卵が8〜10日目ごろにおこる早期排卵によっておこるものと、黄体期が短縮するためにおこるもの、無排卵性のためにおこるものと3種類があります。医師による適切な治療が必要です。

稀発月経
月経の周期がひじょうに長い
 月経周期が35日以上60日以内の場合をいいます。これは初潮を15歳以降に迎えた人に多くおこるようです。また60日以上ない場合は、無月経になることが考えられます。しかし、40日タイプとか45日タイプなどで、いつも間隔が一定している場合は治療は必要ありません。1年に3〜4回しかない場合は卵巣の異常ですから、妊娠を望んでいる人は基礎体温をつけて排卵があるかどうか調べたうえで、医師に相談しましょう。

出血量の異常
過多月経
出血量が多いようだ
 月経のときの出血量は個人差がありますが、ふつうは1日にナプキン10枚以内ですむものが、20〜30枚以上も使う場合をいいます。また、血のかたまりなどが多いのは、思春期では子宮の発達が不十分のときで、更年期ではホルモンのバランスがくずれているときにおこりやすくなります。出血多量で貧血などをおこす場合は、医師にみてもらいましょう。

過少月経
出血量も少なく、月経が短周期
 いわゆる月経の量が少なく、期間も短い場合をいいます。
 これは子宮の発育不全や、脳下垂体のホルモンの分泌の異常による原因が多いようです。また、人工中絶したあと、月経がこなくなることがあります。そのほか、経口避妊薬(ピル)の服用で少なくなる場合もありますが、この場合は心配ありません。40〜50歳の閉経期に少なくなるのも心配ありません。

月経のときの不快な症状
よくある!月経のときの不快感
下腹部痛 頭痛 腰痛 吐き気 からだがだるくて寝込んでしまう

随伴症状
頭痛・腹痛・腰痛などがおこる
 月経の際に、いろいろな不快な症状が出るのは、誰でもあることです。からだにはっきり出る症状としては、頭痛・腹痛・腰痛などですが、そのたびに薬を飲まなければいられないようでしたら、その原因を確かめるうえでも医師に相談してみましょう。

月経困難症
症状がひどくて寝込んでしまう
 月経のときに不快な症状はよくみられるものですが、寝こんでしまうほど重症な場合があります。
 思春期の場合は子宮の発育不全とホルモンのアンバランスによるものが原因と思われます。30〜40歳の場合は子宮筋腫・子宮内膜に原因があることがありますから、医師に相談して原因をはっきりさせましょう。

月経症候群
イライラして落ち着かない
 からだにはっきり出る症状もあれば、精神的な症状もあります。管状の起伏が激しくなり、イライラしがちになります。しかし、それは病気ではなく、一時的なものだとわりきり、あまり気にしないようにすることです。

無排卵・不正出血
無排卵性月経
月経は正常だが、排卵がない
 ふつうは、一定の周期で排卵・月経が行われます。
 しかし、思春期や閉経期、授乳期などに、脳下垂体のホルモン失調が原因で、排卵がおこらずに月経だけが定期的におこります。
 基礎体温を計ってみると、高温期がまったくない、あるいは短い期間であるということがわかります。

代償月経
突然に鼻血がでてくる
 月経が遅れていたり、あっても少なかったりすると、鼻血としてあらわれたりすることがあります。

中間出血(排卵期出血)
月経以外のときに出血する
 月経と月経の間に少量出血することです。
 排卵後に卵胞ホルモンの分泌量が減少するために子宮内膜が変化をおこしてしまうからです。大きな心配はいりまsねんが、不正出血が長くつづくようでしたら、子宮筋腫・子宮ガンなどの子宮の病気があるかもしれません。自己判断は避けて、医師に相談するようにしましょう。


子宮と膣のいろいろな病気

子宮と膣の位置を確認

子宮と膣はつながっています。そして、出産という重要な役割をするための、大切な臓器なのです。
可愛い赤ちゃんを産むためにも、病気があってはたいへんです。

子宮の病気
@子宮頸管炎
 頸管は膣の炎症が伝わりやすい
原因
・流産や分娩、人工妊娠中絶のあとの不衛生。
・避妊器具やタンポンの使用で膣が炎症をおこしている。
・男性が淋菌に侵されている。
・大腸菌により膣が炎症をおこしている。
 以上のような場合に、淋菌や大腸菌、クラミジア、ブドウ球菌が膣内に広がり、子宮頸部の分泌腺に入り込み、炎症をおこします。

症状
 子宮膣部や頸管部が赤くはれて、びらんをおこします。そして、うみのようなおりものが増え、下腹部・腰痛・発熱などがみられます。

治療
 原因の菌がどれかを調べ、その菌に対しての抗生物質を投与します。
 慢性になると、全身的・局所的に抗生物質を投与し、ホルモンの治療も同時に行います。

子宮内膜症
発生した内膜は、良性である
原因
・月経の際にはがれた内膜の一部が排出されずに、卵管に入り腹腔内へ逆行して分散する
・内膜の一部が、リンパ管や静脈のなかに入り、運ばれて発病する。
 などが原因で、内膜が子宮内壁以外のところに発生してしまいます。
症状
 子宮筋層に発生した場合、月経のときの下腹部痛が激しいものになります。
 子宮頸部後面に発生したら、腸と癒着します。また、セックスの際には、痛みを感じます。
 卵巣では、内部に血がたまり、チョコレートのようなかたまりの腫瘤をつくり、機能障害をおこし、月経異常となります。卵管での内膜症は、不妊や卵管妊娠をおこします。
治療
 黄体ホルモンを長期間投与することで、排卵をおさえて無月経にし、子宮内膜を増殖させないようにします。しかし、この方法は、症状を軽くするだけで、完治はしません。
 完治するためには、子宮を含めて幹部や卵巣までも摘出する手術を行います。

大山漢方堂薬局ホームページご来房の皆様に、アドバイス
 膣はセックスのときに男性性器を受け入れる大切な臓器です。子宮は女性のからだの中心にあり、赤ちゃんがすくすく育っていくところです。子宮と膣は密接に関係しているものですから、どちらかに異常があると両方とも病気になるということもあります。
 こうしたことをまねかないためにも、事前に防ぐことをこころがけましょう。

子宮筋腫
もっとも多い、良性の腫瘍
原因
 はっきりした原因はわかりませんが、成熟期に多くみられ、閉経期にはできていた筋腫が小さくなってしまいます。このことから、卵胞ホルモンの過剰な刺激により、子宮をつくっている平滑筋や結合組織が増殖し、筋腫をつくるのではないかといわれています。
 おおきさは豆粒ぐらいのものから、こぶしぐらいのものなどとさまざまです。

症状
 月経時に激しい痛みを感じるようになり、出血量が多くなったり、期間が長くなったりします。また、レバーのような血のかたまりがみられます。
 筋腫が大きくなると、腸や膀胱を圧迫し、便秘や膀胱炎をおこします。
 そのほかにも筋腫の発生した場所により、さまざまな症状があります。

治療
 筋腫の大きさ、発生した場所、年齢、症状によって、摘出手術を行います。おもなももには、筋腫摘出術、子宮膣上部切断術、単純性子宮全摘除術があります。

子宮内膜炎
子宮内膜が炎症をおこしたもの

 子宮内膜炎は、雑菌が子宮内膜に入りこみ炎症をおこすというものです。
 感染した菌によって、非特異性・特異性・老人性の大きく3つになります。
 これらの内膜炎では、発熱やおりものの異常がよくみられる症状です。しかし、種類によって状態はさまざまですから、注意してよくみましょう。


子宮内膜炎の一覧表

非特異性子宮内膜炎

原因・症状
子宮内頸管炎からの感染や避妊具の挿入後におこりやすい。また、分娩や流産のあとにもよくみられる。
子宮内膜の変化がくずれるために不正出血がみられ、下腹部痛をともなう。また、うみのように黄色いおりものや血がまざったおりものがあり、量も増えている。症状がひどい場合は発熱もおこる
治療
抗生物質の投与を受け、安静にしている。子宮内膜はつきに1度はがされて、新しく修復されるため、子宮内膜炎の慢性化は珍しい。炎症が筋層へ広がる場合は慢性化もみられる

特異性子宮内膜炎
 淋病性子宮内膜炎
原因・症状
 淋菌感染が原因で尿道痛をともなう尿道炎が完治していないと、炎症が子宮頚管部に侵入し、子宮内膜へと広がるためにおこる
 青みを含んだ黄色いおりものがあり、下腹部痛・発熱・便秘などがおこる。炎症が卵管へ広がると、淋菌性卵管炎をおこす。卵管が狭くなるので不妊症の原因にもなるので注意
治療
 ペニシリンなどの抗生物質を投与し、安静にすること。淋菌の培養検査を併用して行う
 
 結核性子宮内膜炎
原因・症状
 現在では、結核がみられなくなったため、珍しい疾患のひとつである。原因の多くは、肺結核から血液を通じて卵管に感染し、子宮内膜へと広がっていく
 症状としては、微熱や疲労感がみられ、内膜の変化による不正出血や無月経などがあらわれる場合もある
治療
 結核菌に抗生物質を投与する化学療法を行う。入院が必要とし安静にしておくこと

 老人性子宮内膜炎
原因・症状
女性の膣は、更年期ごろになると

子宮と膣のいろいろな病気
子宮と膣の位置を確認

子宮と膣はつながっています。そして、出産という重要な役割をするための、大切な臓器なのです。
 可愛い赤ちゃんを産むためにも、病気があってはたいへんです。

 子宮の病気
子宮頸管炎
 頸管は膣の炎症が伝わりやすい
原因
・流産や分娩、人工妊娠中絶のあとの不衛生。
・避妊器具やタンポンの使用で膣が炎症をおこしている。
・男性が淋菌に侵されている。
・大腸菌により膣が炎症をおこしている。
 以上のような場合に、淋菌や大腸菌、クラミジア、ブドウ球菌が膣内に広がり、子宮頸部の分泌腺に入り込み、炎症をおこします。

症状
 子宮膣部や頸管部が赤くはれて、びらんをおこします。そして、うみのようなおりものが増え、下腹部・腰痛・発熱などがみられます。

治療
 原因の菌がどれかを調べ、その菌に対しての抗生物質を投与します。
 慢性になると、全身的・局所的に抗生物質を投与し、ホルモンの治療も同時に行います。

子宮内膜症
発生した内膜は、良性である
原因
・月経の際にはがれた内膜の一部が排出されずに、卵管に入り腹腔内へ逆行して分散する
・内膜の一部が、リンパ管や静脈のなかに入り、運ばれて発病する。
 などが原因で、内膜が子宮内壁以外のところに発生してしまいます。
症状
 子宮筋層に発生した場合、月経のときの下腹部痛が激しいものになります。
 子宮頸部後面に発生したら、腸と癒着します。また、セックスの際には、痛みを感じます。
 卵巣では、内部に血がたまり、チョコレートのようなかたまりの腫瘤をつくり、機能障害をおこし、月経異常となります。卵管での内膜症は、不妊や卵管妊娠をおこします。
治療
 黄体ホルモンを長期間投与することで、排卵をおさえて無月経にし、子宮内膜を増殖させないようにします。しかし、この方法は、症状を軽くするだけで、完治はしません。
 完治するためには、子宮を含めて幹部や卵巣までも摘出する手術を行います。

大山漢方堂薬局ホームページご来房の皆様に、アドバイス
膣はセックスのときに男性性器を受け入れる大切な臓器です。
子宮は女性のからだの中心にあり、赤ちゃんがすくすく育っていくところです。
子宮と膣は密接に関係しているものですから、どちらかに異常があると両方とも病気になるということもあります。
こうしたことをまねかないためにも、事前に防ぐことをこころがけましょう。

子宮筋腫
もっとも多い、良性の腫瘍
原因
 はっきりした原因はわかりませんが、成熟期に多くみられ、閉経期にはできていた筋腫が小さくなってしまいます。このことから、卵胞ホルモンの過剰な刺激により、子宮をつくっている平滑筋や結合組織が増殖し、筋腫をつくるのではないかといわれています。
 おおきさは豆粒ぐらいのものから、こぶしぐらいのものなどとさまざまです。

症状
 月経時に激しい痛みを感じるようになり、出血量が多くなったり、期間が長くなったりします。また、レバーのような血のかたまりがみられます。
 筋腫が大きくなると、腸や膀胱を圧迫し、便秘や膀胱炎をおこします。
 そのほかにも筋腫の発生した場所により、さまざまな症状があります。

治療
 筋腫の大きさ、発生した場所、年齢、症状によって、摘出手術を行います。おもなももには、筋腫摘出術、子宮膣上部切断術、単純性子宮全摘除術があります。

子宮内膜炎
子宮内膜が炎症をおこしたもの

 子宮内膜炎は、雑菌が子宮内膜に入りこみ炎症をおこすというものです。
 感染した菌によって、非特異性・特異性・老人性の大きく3つになります。
 これらの内膜炎では、発熱やおりものの異常がよくみられる症状です。しかし、種類によって状態はさまざまですから、注意してよくみましょう。


子宮内膜炎の一覧表

非特異性子宮内膜炎

原因・症状
子宮内頸管炎からの感染や避妊具の挿入後におこりやすい。また、分娩や流産のあとにもよくみられる。
子宮内膜の変化がくずれるために不正出血がみられ、下腹部痛をともなう。また、うみのように黄色いおりものや血がまざったおりものがあり、量も増えている。症状がひどい場合は発熱もおこる
治療
抗生物質の投与を受け、安静にしている。子宮内膜はつきに1度はがされて、新しく修復されるため、子宮内膜炎の慢性化は珍しい。炎症が筋層へ広がる場合は慢性化もみられる

特異性子宮内膜炎
 淋病性子宮内膜炎
原因・症状
 淋菌感染が原因で尿道痛をともなう尿道炎が完治していないと、炎症が子宮頚管部に侵入し、子宮内膜へと広がるためにおこる
 青みを含んだ黄色いおりものがあり、下腹部痛・発熱・便秘などがおこる。炎症が卵管へ広がると、淋菌性卵管炎をおこす。卵管が狭くなるので不妊症の原因にもなるので注意
治療
 ペニシリンなどの抗生物質を投与し、安静にすること。淋菌の培養検査を併用して行う
 
 結核性子宮内膜炎
原因・症状
 現在では、結核がみられなくなったため、珍しい疾患のひとつである。原因の多くは、肺結核から血液を通じて卵管に感染し、子宮内膜へと広がっていく
 症状としては、微熱や疲労感がみられ、内膜の変化による不正出血や無月経などがあらわれる場合もある
治療
 結核菌に抗生物質を投与する化学療法を行う。入院が必要とし安静にしておくこと

 老人性子宮内膜炎
原因・症状
女性の膣は、更年期ごろになると,自浄作用が低下してくるため、大腸菌による膣炎をおこす。それが膣炎から子宮へと広がる。また子宮が萎縮するため、排出物の出口がなくなり、子宮内にたまってしまう。これにより収縮作用がおこり、下腹部痛とうみのようなおりものがみられる。
治療
頸管部を広げて子宮内にたまったうみを排出する。このうみが、子宮がんとなることがあるため、子宮内膜の検査を行う

子宮後傾後屈症
子宮は前に傾いているのが正常

可動性後屈
原因、症状
 子宮を支えている靭帯や筋肉の先天的な発育不全により、子宮が後方に折れ曲がってしまっているものです。
 症状はほとんどみられませんが、なかには月経困難症や頭痛、便秘などを訴える人もいます。また不妊・流産の原因になる場合もあります。
治療
症状がひどいようなら、ペッサリーで矯正したり、靭帯を縮めたりします。
癒着性後屈
原因、症状
 子宮内膜症や骨盤の炎症などにより、子宮が骨盤や直腸と癒着して、後方へ傾いてしまいます。
 症状は、下腹部や月経困難症、腰痛、重症な便秘をおこし、不妊症になりやすくなります。
 ホルモン治療で、癒着の状態をやわあらげていきます。しかし、ほとんどは癒着の剥離をして、子宮を正常な位置へもどす手術をします。
子宮下垂・子宮脱
重症は子宮下垂から子宮脱へ
原因
 子宮が骨盤の中央に位置しているのは、多くの靭帯によって支えられているからです。しかし、靭帯の機能に異常が発生すると、靭帯が伸びてきてしまいます。そのために子宮が下がってきて、膣の外へ出てしまいます。
症状
 下垂の状態が軽いときはとくに症状がないのですが、重症になるにつれて脱出した性器が歩行を妨げたり、炎症をおこしたりします。また、膀胱脱や直腸脱などの合併症が発生します。
治療
 ペッサリーを挿入して、下垂の進行をある程度妨げることができますが、完治するためには手術を行います。
膣の病気
膣の内側の壁は重層扁平皮細胞という厚い粘膜で保護されていて、伸縮性にも富んでいます。膣の内部はふだんは酸性ですが、その酸性度が低下したときに炎症がおこります。また、膣には自浄作用がありますが、その浄化作用が低下すると細菌が膣内で繁殖します。
トリコモナス膣炎
トリコモナスは身近にいる
原因
トリコモナスという寄生虫によっておこる病気で、感染はセックス、入浴などによるものです。
 感染してから、膣内の自浄作用が低下し、4〜5日に症状があらわれます。
症状
 陰部にかゆみがあり、排尿のときに痛みがあります。また、悪臭のある細かい泡のまじった淡黄色のおりものが多量にでます。
 ただ、感染しても発病せず、症状がまったく出ないこともあります。
治療
 投薬で症状はかんたんに消えますが、再発を防ぐために、症状が消えてからも2〜3週間は治療を続けます。
 治療は、必ずパートナーと一緒に受けるようにしましょう。そうしないと、せっかく直っても、また、うつし合うことになるからです。
カンジダ膣炎
抵抗力がないとき感染しやすい
 原因
カンジダ・アルビカンスというカビの感染によっておこります。
 からだの抵抗力が低下している糖尿病や、妊娠中の人、抗生物質を長期間にわたって多量に使用したあとの人などがかかりやすいといわれています。
 また、男性はカンジダに感染していても、かゆみなどを感じないために気づかないことが多く、そのために、知らずにセックスによって女性にうつしてしまうことがあります。
症状
 カッテージチーズのような白いポロポロしたおりものが増え、外陰部が非常にかゆくなります。
治療
 症状は3〜4日の投薬でほぼおさまりますが、ひじょうに再発しやすいので、最低一ヵ月は治療をつづけます。
 セックスで感染する病気ですから、パートナーも、まず、感染していると考えてよいでしょう。その意味から、ぜひ、パートナーと一緒に治療をうけましょう。
非特異性膣炎
 異物の置き忘れも原因のひとつ
原因、症状
 妊娠した人や閉経後の人、小児など、膣の自浄作用の弱まった人に多く、雑菌の侵入や、セックスによる傷などから炎症をおこします。
 悪臭のある、うみ状のおりものが増え、外陰部が赤くただれます。
 また、タンポンやペッサリーなど、異物の置き忘れが原因になることもあります。
治療
 原因となった雑菌がどんなものかをつきとめ、抗生物質の入った膣坐薬を入れます。また、膣の洗浄などをして膣を清潔にします。
老人性膣炎
自浄作用が低下する更年期が注意
 原因、症状
 閉経が近づくにつれて卵巣のはたらきが低下してくるので、卵胞ホルモンの分泌量が現象します。すると、膣内の自浄作用の低下のために雑菌に感染してしまうのです。そして、抵抗力もなくなってくるので、セックスで傷ついて炎症をおこすこともあります。
 症状としては、薄いピンク色のおりものや黄色っぽいおりものが増えてきます。
 治療
 卵胞ホルモンの分泌量を増やせば、よくなります。
卵胞ホルモンの錠剤や坐薬で補います。
膣を清潔に保つには
 外陰部にふれるときは、てをよく洗うようにする。セックスやペティングのときには、パートナーも期をつけるように
 入浴のときは、外陰部をよく洗うこと。強くこすると傷ができて細菌が入りこむので注意する。せっけんでのかぶれも注意
 月経のときは、ナプキンをこまめにかえて外陰部をきれいにしておくように
 下着でからだをしめつけないこと。また、合成繊維でかぶれることもあるので避ける

卵巣と卵管のいろいろな病気
 卵巣と卵管の炎症
卵巣炎と卵管炎
卵管炎との合併症が卵巣炎

原因
セックスや避妊器具、または出産・流産・人工妊娠中絶などのときに、原因となる淋菌・ブドウ球菌・化膿菌・結核菌などが、膣・頸管・子宮内腔を通って卵管へ入りこみ、卵管炎をおこします。卵巣へ伝わり、卵巣炎を合併することもあります。ひじょうに炎症をおこしやすい部分といえます。

症状
急性期では、38度以上の高熱と激しい下腹部痛がおこり、おう吐やおりものの増加がみられます。
慢性期では、激しい痛みはおさまりますが、卵管がまわりの組織と癒着して、狭くなってしまいます。そのために、卵管溜膿腫や卵管溜水腫をおこします。さらにひどくなると、癒着性の子宮後屈や卵管閉塞になり、月経困難症や不妊の原因となります。

治療
 発病まもない急性期に治療をすることが大切です。原因菌に対して、強力な抗生物質や副腎皮質ホルモンを投与し、慢性にならないように安静にします。慢性の場合は、手術を行うこともあります。

卵巣に発生する腫瘍
 卵巣にはいろいろな腫瘍ができることがありますが、大きく分けて、卵巣のう腫と充実性腫瘍のふたつに分けることができます。
 卵巣腫瘍の90パーセントは卵巣のう腫で、あとの10パーセントが充実性腫瘍となります。
 卵巣のう腫は、できた腫瘍によって3つに分かれ、充実性腫瘍には、良性と中性、悪性があります。

卵巣腫瘍
検診を受けて、早期発見を!

原因 
 はっきりした原因というのは、現代の医学ではまだつきとめることはできていません。

症状
 腫瘍の大きさはさまざまですが、ほとんどの場合、こぶしぐらいの大きさになると、ようやく自覚症状といえるものがあらわれます。腰痛・腹痛をおこしたり、腹水がたまったり、貧血をおこしやすくなったりします。
 しかし、それまでは症状もほとんどなく、検診を受けてたまたま発見されることが多いようです。
 早期発見が、何よりの予防といえます。検診は必ず受けてください。

治療
 良性腫瘍の摘出手術には、腫瘍が発生している卵巣を全部摘出するものと腫瘍だけを摘出するものとがあります。後者は、卵巣の一部が残るので、今まで通りに機能し、妊娠します。 
 悪性腫瘍は、両方の卵巣と子宮の摘出手術を行います。この場合は、妊娠できないからだになり、若い人は心疾患で死亡するケースもあります。

大山漢方堂薬局ホームページご来房の皆様に、アドバイス
 卵巣は、受胎する大切な場所であるとともに、からだのなかでもっとも腫瘍のできやすい器官です。
 少しでもおなかが張る・下腹部が痛いといった症状を感じたら、婦人科へ行って診療を受けるようにすることが腫瘍を早くみつける最良の方法です。
また、定期的に検診を受けていれば、早期発見・早期治療につながります。

外陰の病気と性病
外陰の病気

感染性外陰炎
清潔にするのが最善の予防方
原因 症状
 局部を不潔にしたままのセックスや、オナニーでの細菌感染からおこります。
 症状としては、かゆみがあり、赤くはれてきたりします。
 また、膣に炎症があると、そのおりもので外陰部の炎症がおこる場合も少なくありません。ときには、慢性化することもあります。
治療
 原因をみつけて適切な処置をするようにします。独自の判断と治療はかえって悪化させることがありますから、はやめに医師に相談するようにしましょう。

アレルギー性外陰炎
下着やナプキンとの摩擦が原因
原因 症状
細菌に感染したのではなく、ナイロンの下着や生理用ナプキンなどがこすれて炎症をおこすもので、かゆみがあります。

治療
かゆくてもかかないようにし、抗ヒスタミン剤などを使用すれば、1週間ほどで治ります。

外陰白癬症
水虫の原因となる菌でおこる
原因 症状
 手や足にできる水虫の原因である、白癬菌というかびの一種が、陰部に発生してかゆみをおこす病気です。茶褐色の湿疹が陰部全体に広がり、湿疹の周囲は白っぽくなります。

治療
この菌は湿っぽいところに発生しやすいので、通気性の悪いナイロンのストッキングや下着は避けたほうがいいでしょう。そして、白癬治療剤などをくりかえし塗ってください。

外陰部は、せいけつにしていても多少の汚れは残るものですが、炎症をおこさないために、セックスのあとや月経のときの手入れが大切です。これは、性病の予防にもなります。

外陰の病気の治療タブー
自己判断はダメ!すぐ病院へ
通気性のわるい下着はダメ!
不潔なままにしておっくのはダメ!

大山漢方堂薬局ホームページご来房の皆様に、アドバイス
 外陰部は不衛生にしておくのが、病気を引き起こす一番の原因です。とくに女性は、月経のときの手当てをきちんとしておかないと、すぐに感染してしまいます。
 性病は、セックスでうつるものですから、自分が注意していてもパートナーが病気ならたいへんです。お互いにからだのチェックをしましょう。

外陰掻痒症
いろいろな原因が考えられる
原因 症状
 大陰唇や小陰唇がひじょうにかゆくなる病気です。なかなかやっかいな病気で、かいてもかいてもおさまらないという症状がでます。原因は陰部の不潔さもありますが、からだの内部の病気が起因している場合もあります。たとえば、アレルギー症・糖尿病・肝機能障害・ホルモンのアンバランスなどです。
 そのほかに、カンジダ症・トリコモナス症・毛じらみ・ぎょう虫、あるいは下着の摩擦などがあります。また、これらの原因がなくておこる場合は、精神的な要因があるのではないかといわれています。

治療
まず外陰部を清潔にして1週間ぐらいようすをみます。それでもかゆみがおさまらないようなら、医師に相談しましょう。
バルトリン腺炎
原因 症状
 性的衝動がおきると、膣の両脇にある分泌腺から透明な分泌液が出て、セックスの補助の役割をします。しかし、セックスのときに不潔な手で触れたり、細菌が入ったりすると、バリトリン腺が炎症をおこしてはれます。
治療
 
抗生物質を塗りますが、ひどいときは切開してうみを出します。
外陰萎縮症
更年期以後の女性に多い
原因 症状
 原因は不明ですが、卵巣の機能低下と関係があるようです。若い人には少なく、更年期以降の女性に多くみられます。かゆみがあり、熱っぽい感じもあります。外陰部全体が城っぽくなり、この状態が進むと、外陰部が萎縮して、さらに膣も萎縮するため、セックスを行うことは不可能になります。
治療
 やっかいなのは、この病気がガンに発展しやすいということです。早いうちに適切な治療が必要ですから、それらしい治療しましょう。注意したいのは、かゆみに気をとられて、市販のかゆみ止めを塗ってしまうことです。だいじに至らないうちに、医師の診断を受けましょう。
毛根炎
清潔にして治療をつづける
原因 症状
これは、陰毛の毛根から細菌が入っておこる病気です。毛根部分が赤くはれて、ヒリヒリと痛くなります。
治療
 抗生物質を使うとだんだんよくなります。
ベーチュット病
原因が不明で完治はむづかしい
原因 症状
 口の内部に口内炎ができてなかなか治らず、同時に外陰部にも潰瘍ができている場合は、ベーチュットびょうの疑いがあります。
 難病といわれ、原因はまだわかっていません。それほど多い病気ではありませんが、20〜30歳代の女性におこることが多いようです。
治療
 現代の医学では、まだ治すことはできませんが、症状を軽くすることはできます。症状に思いあたることがあったら、医師に相談してみることです。
アフタ性潰瘍と急性外陰潰瘍
 原因 症状
 アフタ性潰瘍は、口内炎とよく似た潰瘍が小陰唇の内側にでき、激しく痛みます。原因はよくわかっていませんが、からだの抵抗力が弱くなっているときにおこりやすいようです。
 アフタ性潰瘍がひどくなると、急性外陰潰瘍になり、大陰唇から小陰唇の内側、前庭粘膜にまで多くの潰瘍ができ、熱がでます。
治療
 十分な睡眠と、バランスのとれた食事をたっぷりととり、たいりょくを回復させます。
 同時に清潔にして副腎皮質ステロイド薬、抗生物質などを塗ります。3日〜2週間ぐらいで治りますが、再発しやすいので気をつけます。
性病
性病はなかなか人に相談しにくいものですが、ほうっておくとびょ気はどんどん進行していきます。恥ずかしいなどと思わずに、思い切って病院に行くましょう。早めに治してしまえば治療は楽ですし、不安がなくなれば気分もすっきりします。
 性病を発見したときは医師はその地域の保健所に必ず届けることが義務づけられています。
梅毒
ほっておくと脳が侵される
原因
「スピロヘータ」と呼ばれていた病原体によっておこる性病のひとつで、いまでは「トレポネーマ・パリズム」と呼ばれています。
症状
全体で第1期〜第3期に分かれています。第1期の症状は「トレポナーネ」の入りこんだ場所に2〜3週間後に大豆ほどの固いしこりと潰瘍ができます。次に、大腿部のつけ根のリンパ腺がはれてきます。
 この症状は自然に消え、感染後2〜3カ月たつと全身に赤い発疹が出てきます。この時期が第2期です。陰部には返杯コンジロームというただれたしこりが出たり消えたりします。この時期は伝染力が強く、危険なときです。
 第3期になると、からだ内部の各所にゴム腫というしこりができます。さらに経過すると、目に見えなくなる、心臓がわるくなる、脊髄が冒されるといった晩期梅毒の症状があらわれます。ついには脳が侵されて人格が変わり、発狂して廃人となってしまいます。
 また、必ず初期の症状が出るとは限らず、第2期、第3期の症状が突然あらわれて急速に進行することもあり、梅毒の怖さを思い知らされます。検査をしても、感染後4〜7週間たたないと、感染しているかどうかはわかりません。梅毒に感染した女性が妊娠した場合、妊娠4ヶ月以前に治療をすれば問題はないのですが、感染していると、先天性梅毒児を出産する恐れがあります。
治療
 抗生物質の大量投与か、筋肉注射によって治療します。

軟性下疳
海外旅行がもたらした性病
原因
 日本ではあまりみられない病気でしたが、これも海外旅行ブームのおかげで日本にも上陸してきました。軟性下疳(デュクレー菌)が感染しておこります。

症状
 感染後2〜3日して、外陰に赤く小さい発疹ができます。やわらかくて痛みのあるのが特徴で、それが化膿してつぶれ、潰瘍ができます。
治療
 サルファ剤の投与で治療できます。
予防法としては、セックスの際にコンドームを使用することと、海外での不潔なセックスを避けることがあげられます。

淋病
外へ外へと広がっていく
原因 症状
 セックスによって淋菌が感染しておこる病気です。淋菌の影響力は弱いものだと思われていましたが、最近では、意外に強いことがわかってきました。
 抗生物質の登場により一時的に少なくなりましたが、海外旅行が増えるにつれ、また増加する傾向にあります。
 感染のあと、2〜8日の潜伏期間を経て、尿道口のあたりが赤くはれてむずがゆくなり、黄緑色のうみが出ます。また、排尿時に激しい痛みがあります。
 この病気の怖いところは、尿道炎から膀胱炎、頸肝炎から子宮内膜炎、卵管炎へと広がっていくことです。また、完治したあとも、不妊の原因になることがあります。
治療
 抗生物質の投与か注射を行います。
治りにくいので、完治するまで根気よく治療しましょう。
 治療は必ずパートナーとふたりで受けます。かたほうが治療しても、もういっぽうが治療をしなければ、再発をくりかえすだけになってしまいます。

第4性病
性器が変形することがある
原因
 そけいリンパ肉芽腫とも呼ばれ、現在ではあまりみられない病気です。病原体は、宮川小体と呼ばれるウイルスの一種です。
症状 治療
 セックス後1〜4週間でそけい部に発疹ができ、発熱したり痛みを感じたりします。膣と直腸に通じる穴があき、性器の形が変わってしまうことになります。治療には、やはり抗生物質が効果があります。

STD(性行為感染症)
クラミジア感染症
発生しやすく治りにくい
原因 症状
 トラコーマ結膜炎と同じ病原体によっておこる病気です。淋病よりも発生率が高く、そのうえ治りにくいため世界中に広がり、問題になっています。
 男性の場合は排尿のときに不快感があり、灰白色の分泌物が出たり、尿道内がむずがゆくなったりしますが、女性はにおいや色のないおりものが少し増えるだけなので、気づかないままのことが多い病気です。
 妊婦がかかった場合には、新生児が結膜炎や肺炎になることがあるので注意が必要です。

治療
 抗生物質を最低でも3週間は服用しつづけます。

ヘルペス感染症
 完治するのはむずかしい
原因 症状
 セックスによるヘルペス・ウイルスの感染で、まず10個ぐらいの小さな水泡が外陰部や膣にできます。それが破れて潰瘍ができ、うすい皮がついた状態になります。からだの調子がわるいときにかかりやすく、歩くだけでも激しく痛みます。再発もしやすいので、注意が必要です。
治療
 完全に治す方法はありませんが、抗生物質や副腎皮質ステロイド薬で症状をおさえることはできます。
 妊婦が感染した場合には、新生児に感染してヘルペス脳炎やヘルペス感染症をおこし、ひどいときは死亡することもあります。

尖形コンジローム
とがった形の腫瘍は良性である
原因 症状
 ウイルスの感染によっておこる病気のひとつです。外陰部に、先端がとがった小さいイボほような腫瘍ができるのが特徴です。かゆみと発熱があり、症状が進むと悪臭を放ちます。感染するのはセックスのときが多く、またはウイルスやおりものによって人にうつる場合もあります。また、淋病が原因していることもあります。

治療
 電気焼灼などで、腫瘍を取り除きます。再発することがあるので、清潔をこころがけます。ただし、ガンとは別物で良性の腫瘍ですから、心配はいりません。



エイズ
別名は後天性免疫不全症候群
原因 症状
 ヒト免疫不全ウイルス(HIVウイルス)が、おもに血液と精液を媒介にして感染するものです。ふつう、2〜5年ぐらいの潜伏期間を経て発病します。発病すると、病気に対する抵抗力がなくなり、カポジ肉腫という皮膚ガンや、カリニ原虫による肺炎を併発する割合が極めて高くなります。

治療
 世界中で研究が進められていますが、確かな治療法は、いまのところありません。
 当初は、同性愛者同士のセックスによる感染が原因とされ、次いで輸血と血液製剤による感染が、とくに日本では問題になりました。しかし、最近では異性間のセックスによる感染も急激に増え始めました。
 妊婦がエイズに感染した場合には、胎児も母親から直接感染してしまう可能性がたいへん高いのです。

エイズのいろいろQ&A

Q1外見でエイズに感染していることがわかりますか
A エイズに感染しても、症状がでるまでに10年以上かかることもあります。その間は健康そのもので、本人もエイズに感染していると気づかない場合があるのです。したがって、外見だけでエイズに感染したかどうか見分けることは不可能です。きちんと検査を受けてわかるものです。

Q2ピアスや針治療で、感染することがありますか?
Aピアス・針治療・入れ墨などで皮膚に傷をつけるのは、使う器具がきちんと消毒していれば、安全です。このことは、エイズだけに限らず、いろいろな種類の雑菌からの感染を防ぐことでもいえるのです。使う器具がしっかり消毒されているかどうか確かめることを心がけます。

Q3病院でする注射で、感染する危険性はありますか?
A病院で使う注射器のほとんどは、使い捨てのものですから、1度使ったらすぐに捨ててしまうので、感染する危険はありません。ただし、海外へ行って(とくに小さな病院で)注射を受けるようなことになったら、きちんと消毒されているかどうか、たずねてみましょう。

Q4妊娠している母親から体内の赤ちゃんへ感染するのですか?
A母親がエイズ感染者であれば、その胎児が感染する可能性はあります。エイズのウイルスが胎盤を通って、胎児へ感染することを胎内感染といいます。また、出産のときに通る産道内で血液から感染することもあります。感染者で子供を望む人は、医師に相談する必要があります。

Q5母乳のなかにもエイズウイルスは入り込むのですか?
A母乳のなかからエイズウイルスが発見されているので、母子感染のひとつということが明らかになりました。母乳は乳児にとってすばらしい栄養源ですが、母親が感染者ならば、人口ミルクを使うようにしましょう。授乳のときには、器具の消毒に十分気をつけたいものです。

Q6プールや温泉などで感染することがありますか?
Aエイズウイルスは、空気・洗剤・熱・塩素に接触するとすぐに死んでしまう、ひじょうにもろいものです。ですから、日常の生活のなかで触れるもののほとんどは安全です。くしゃみやせき、握手などからだとからだの接触でも感染することはありえません。

Q7キスでの感染はだいじょうぶですか?
Aあいさつ程度のほおやくちびるにするソフト・キスは安全ですが、唾液のなかからもウイルスが発見されているので、ディープ・キスには危険があります。しかし、唾液のなかのウイルスの量はわずかなので、感染する可能性もかなり低いもので、感染はあまりみられないようです。

Q8エイズ検査は、どこで受けられますか?
A全国の保健所や病院で受けられます。検査は仮名で受けられ、個人的なことは聞かれません。費用は約1600円です。場所によって検査日が決まっているので、前もって調べておく必要があります。病院では、実名で受けつけねばならない場合もあります。また、費用も高くなります。