特集:潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に何らかの原因で炎症を引き起こし、びらんや潰瘍を形成する病気です。
びらんとは、皮膚や粘膜の表面にできた、ただれた皮膚異常の状態を言い、
潰瘍とは、簡単にいえば傷が深くえぐられたような状態のことで、
浅い場合にはびらん、クローン病ではさらに深い組織まで炎症や潰瘍ができます。
病変部は直腸からS字結腸、下行、横行、上行結腸へと連続的に広がりますが、
非連続的に広がる区域性の場合もあり、個人差が激しいのがこの病気です。
軽症で過ごし続ける方や、あっという間に大腸を全部取ってします方や様々です。



健康な粘膜

大腸のヒダもあり、毛細血管も透けてみえる

健康な大腸のレントゲン写真

潰瘍性大腸炎の粘膜

潰瘍の凹みにバリウムが溜まっている様子

◆腸粘膜の繊毛がほとんど無くなっています。

潰瘍性大腸炎はクローン病とならぶ炎症性腸疾患と総称される病気の一つです。
原因はまだよく分かっていません。




朗報:FK-23菌にて、

小腸繊毛細胞伸長及び
パイエル板の大幅活性を確認!

〈無菌マウスへのFK-23投与による空腸組織変化〉

FK-23菌未投与群 空腸繊毛

・対照群の繊毛の長さが約500μmなのに対し、FK投与群の繊毛は約680μmまで成長していた。
これにより繊毛1本あたり、1.86倍の表面積の増加が見込まれる。

・未投与群のパイエル板は未発達で小さく、数も少ないのに対し、
FK投与群のパイエル板はドーム部分、胚中心、濾胞関連上皮がしっかり確認できるほど発達しており、数も多い。

〈無菌マウスへのFK-23投与による回腸組織変化〉

FK-23菌未投与群 回腸繊毛

・回腸では空腸と異なり、繊毛の長さに大きな差は見られなかった
(FK投与群:平均200μm、対照群:平均190μm)
しかしFK投与群では繊毛密度が密になる傾向が認められた。

・パイエル板では、対照群が空腸よりさらに未発達なのに対し、
FK投与群では空腸より未発達ではあるが、
対照群に比べ明らかな組織の発達が認められた。


 大山漢方堂薬局 岡山大学医学博士大山博行 漢方健康相談窓口へ、クリック!


「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介


" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine


<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方健康相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

大山漢方堂薬局 / 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲町2432番地
無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.





 漢方専門 大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go !!!